Home
製品情報
VME バックボード
VME ラック
CPCI バックボード
CPCI ラック
VPX
アクセサリー
ダウンロード
FAQ
お問い合せ
株式会社エスアールシー
〒213-0022
神奈川県川崎市高津区千年679

TEL:044-753-1451
FAX:044-753-1452
 
 
 
 デイジーチェーンについて
  (対象製品:SVB-△△VMESVB-△△SVSVB-△△MVESVB-△△VEX
 以下に、VMEバックボードデイジーチェーンパターンの説明を記述いたします。
 ご参照の上ご利用ください。
 ■パターン図
 ■注意事項
  1. デイジーチェーン信号通過スロットには、上記パターン図を参照してショートプラグを
    挿入して下さい。
  2. 01スロット以外のスロットにマスターとなるモジュール基板を搭載し、01スロットに対し
    デイジーチェーン信号を使用しない場合は、01スロットにショートプラグを挿入します。
  3. デイジーチェーン用ショートプラグは、別売りになっております。
    (型式名:SSP-02)
 ■オートデイジーチェーン方式とは
  (対象製品:SVB-△△VMEASVB-△△SVASVB-△△MVEA
 

  従来のデイジーチェーン設定方法は、設定するスロットに対しショートプラグ等を
  マニュアルで挿抜して設定しておりました。
  しかし、設定位置がラック内部にあり設定作業は大変でした。


  このような作業を自動化し容易に設定出来るようにしたものが
  ”オートデイジーチェーン方式”です。


  その構造はバックボードに搭載さえているDINコネクタにスイッチ機能を設け、
  VMEボードを挿抜するだけでデイジーチェーン設定が出来るようにしたものです。

  VMEボードを挿入するとコネクタのコンタクトが開き、コンタクトに接触していた
  デイジーチェーン用ジャンパーピンが離れ、自動的にデイジーチェーン回路が
  有効になります。

  VMEボードを抜去するとデイジーチェーン用ジャンパーピンが元の位置に戻り、
  自動的にデイジーチェーン回路が通過回路となります。
Copyright(C) 2010 SRC.CORPORATION